クリニックシンボルマーク

院長紹介

ごあいさつ

地域の皆様、はじめまして。
このたびご縁をいただきまして松原天美の地で開院することになりました
「おおはし皮フ科・形成外科クリニック」大橋 正和と申します。
私は昭和大学医学部を卒業後、同大学病院に入局し、形成外科医としてスタートを切りました。医師となってから最初の10年間は、東北から九州まで日本全国のさまざまな医療機関で、数多くの診療や手術を手掛けてまいりました。救命救急センターに所属し、救急車で運ばれてきた重篤な外傷の患者さんの急性期治療に携わっていた時期もあります。
その後は、医師としての知識や経験を深めるために、共通する領域が多い皮膚科医として、形成外科の診療と並行しながらあらゆる皮膚疾患を診療してまいりました。
一般的な皮膚疾患の診療から外科的な処置まで一貫して行えることが私の強み、そして当院の特徴だと考えております。開院にあたってはこの両方の経験を生かして地域の皆様の肌の悩みを幅広く解決していきたいと考えています。

院内写真
鳥

皮膚科と形成外科の共通点は、患部がはっきりと目に見えるところです。肌のトラブルや傷跡はコンプレックスにもなってしまうため、分かりやすい説明と丁寧な治療を心がけ、ご満足いただける結果が得られるよう努めてまいります。治療を続けていくなかで肌の状態が改善されると、患者さんの表情が明るくなり、その笑顔に私も励まされます。
開院後もお一人おひとりの気持ちに寄り添いながら日々研鑽を重ね、地域の皆様の健康を支えていきたいと思いますので、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

院長 大橋 正和

院内写真

院長プロフィール

院長写真
院長 / 医学博士
大橋 正和
(おおはし まさかず)
資格
  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本形成外科学会 小児形成外科分野指導医
  • 乳房オンコプラスティック責任医師
  • 日本美容外科学会会員
経歴

八尾市出身。
八尾高校から昭和大学医学部入学。
2001年 同大学形成外科学教室入局。
その後、全国の機関病院にて研鑽を積む。
2011年 DTD LABOトータルアンチエイジングクリニック院長
2012年 近畿大学医学部奈良病院 形成外科臨床講師
2017年 桜川よしえ皮膚科クリニックにて勤務
2019年10月 おおはし皮フ科・形成外科クリニック 開院

クリニックの特徴

肌のお悩みから外科的処置まで。
一般的な皮膚疾患の診療から、患部を切除する小手術や足の爪のトラブルなどの外科的な処置まで一貫して行えます。
イメージ
落ち着いて過ごせるあたたかいクリニック。
小さなお子様から高齢の方まで落ち着いて過ごしていただける木の質感を生かした内装であたたかい雰囲気づくりを目指しました。
イメージ
患者さんの要望により治療方針を決定します。
病気についてよく理解していただいたうえで、治療の選択肢を提案し、患者さんの要望を聞きながら治療方針を決めていきます。
イメージ