クリニックシンボルマーク

形成外科

形成外科は顔面や、頭から胸・おなか・背中や手足の先まで全身の表面の
外傷・変形・腫瘍(できもの)をきれいに元にもどす(再建する)
ことを行う科です。
具体的には当院では次のような病気やケガが対象です。

腫瘍

皮膚や皮下の腫瘍(できもの)、色素性母斑(ホクロ)、粉瘤、脂肪腫などの切除・摘出する小手術を行います。

イメージ
外傷

すりキズ、切りキズ、やけどなどのキズに対してできるだけあとが残らないように処置および縫合します。
また、できてしまったキズあとやケロイドを目立たなくする治療も行っています。

イメージ
腋臭症(ワキガ)

局所麻酔によって臭いのもととなるアポクリン腺を切除します。その手術あとも最小限となるようにいたします。(保険適応です)

イメージ
その他

眼瞼下垂、逆さまつげ、陥入爪、褥瘡(床ずれ)の治療・手術をします。